オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット BELL 族ヘル 再再販! オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット BELL 族ヘル 再再販! ladespensadecasamaragata.com,族ヘル,フルフェイスヘルメット,11180円,オーシャンビートル,自動車・オートバイ , オートバイアクセサリー , ヘルメット , シールド,BELL,STR120,/counteroffensive1797743.html 11180円 オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット 族ヘル BELL 自動車・オートバイ オートバイアクセサリー ヘルメット シールド ladespensadecasamaragata.com,族ヘル,フルフェイスヘルメット,11180円,オーシャンビートル,自動車・オートバイ , オートバイアクセサリー , ヘルメット , シールド,BELL,STR120,/counteroffensive1797743.html 11180円 オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット 族ヘル BELL 自動車・オートバイ オートバイアクセサリー ヘルメット シールド

オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット BELL 族ヘル 美しい 再再販

オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット 族ヘル BELL

11180円

オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット 族ヘル BELL

商品の状態未使用に近い
商品のサイズXLサイズ
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域千葉県
発送までの日数1~2日で発送








ネットで極上の状態の美品を購入しましたが、被る機会が無いため出品します。 BEEL STAR120のデカールが前後に貼ってありますので見た目は完全にBEELです。 こちら実走はしておりません。試着数回程度になります。あくまで中古品になりますので商品の状態は写真をよく確認していただき、ご理解のある方のご購入よろしくお願いします。 ※過度な値引き交渉をされる方、クレーマーの方のご購入はお控えください。 カラー:ホワイト  サイズ:  XL(〜62cm) / XXL(〜64cm) 素材: シェル : FRP / インナー : ウレタンクッション 付属品: 専用クリアシールド×2 純正ナップザック、箱付き ~商品詳細~ 元来四輪競技用であったフルフェイスを二輪のスタンダードに位置づけた革新的ヘルメットBELL STAR120をリプロダクト。 程よいサイズ感で人気を博すオリジナルSシェルのシルエットそのままに“STR120”として復活させました。 BEETLEの他モデルと比べるとやや大きな帽体になっておりますが、一度被れば 完成されたフォルムの秀逸さ、何故そのままのサイズ感でリメイクしたのか分かっていただけるはず。 その一方で内装は被り心地やフィット感を追求し、頭部全体を包む設計のウレタンクッションを採用。 頭囲64cmの方でも圧迫感なく被れるXXLまでサイズをご用意しました。 さらに重量にも拘りフルフェイスながらハーフキャップを被っているかのような軽快感で首への負担もありません。 また当時よく見られたカスタムを踏襲して頬部にリベットを追加し、付属シールドを装着できるように改良してあります

オーシャンビートル STR120 フルフェイスヘルメット 族ヘル BELL

2021年5月19日水曜日

必要なのはワクチン開発拠点ではなくて、治験の統計処理のベイジアン化

英米イスラエル辺りと比較してワクチン接種が遅れている我が国だが、ワクチン研究開発拠点を作ろうと言うアイディアが持ち上がってきた*1。しかし、微妙に問題点が摩り替えられている。ワクチンの確保もしくは承認がボトルネックだったわけで、国産ワクチンの開発は問題解決に直結しないし、国産に拘るあまりに外国製品の確保が遅れるような事態も危惧される。そして、もっと素朴な方法で解決できる。

2021年5月5日水曜日

貨幣価値がベイズ推定されてきたことが分かる(かも知れない)『撰銭とビタ一文の戦国史』

そもそも通貨とは~と語っている人々の我田引水や牽強付会けんきょうふかい*1を指摘するために、『撰銭とビタ一文の戦国史』を拝読した。本書の著者の高木久史氏はずっと中世から近世の貨幣を研究している人で、2018年と比較的新しい本書はこういう用途に最適。悪銭やビタといった単語が示す意味がそう自明でもないところに歴史研究の難しさがわかって興味深い一冊で、記述の端々から貨幣研究も史料と発掘で進められていることも分かる。

2021年4月26日月曜日

ツイフェミは「非モテの男性の苦しみ」を性の自己決定権を侵害しない方法で解決しろと言っている

ネット論客の青識亜論氏が、氏の誤った脳科学の知識のツイート*1についたネット界隈のフェミニスト(以下、ツイフェミ)のリプライから、ツイフェミは快楽功利主義に近い価値観があると主張しているのだが、二重、三重に捩れた議論になっている。我田引水の藁人形論法のように見え、対話を求める姿勢とは言えない。

2021年4月16日金曜日

恋バナ好きおっさん/おばさんのための『セックスと恋愛の経済学』

ネット界隈ではいい歳をしたおっさん/おばさんが日夜、恋愛や結婚に関しての議論を繰り広げている。ツイフェミの皆さんが根拠不明な規範的な話をしている一方、反ツイフェミの皆さんの多くが体験談か周囲から聞いた限りの実証的な話をしていてまったくかみ合わない感があるのだが、社会学や経済学で恋バナの研究は色々あるし一般書も幾つも出ている*1ので、インプットを増やして議論の質を向上させて欲しい。

2021年4月3日土曜日

ネット界隈の弱者男性論者の本音

男性が生得的に抱えがちな性格上の問題に対して、社会はもっとフォローすべきではないかと言う話ではなく*1、収入が十分に無い男性は女性に性的パートナーとして見てもらえず、結婚をして子供ができてもその性役割でしか評価されないことを「つらい」と嘆く、弱者男性論が非難されているエッセイ*2が話題になっていたのだが、弱者男性論者の本音を見誤っている気がしてならない。

2021年3月31日水曜日

主観的な事前分布への違和感を軽減してくれる『異端の統計学ベイズ』

伝統的な頻度主義の統計学を最初に習うので、学部の講義でベイズ統計学を教えているところは少ない気がするのだが、最近はベイズ統計学の応用が広まっているし、大学院の講義があるところは多いと思う。しかし、数学や統計学の講義は形式的になりがちで、(教員が説明したくても時間が限られているため)その歴史的は説明してくれない。歴史を知らなくても数理的な特性だけ理解できればよいと言う人もいるのだが、歴史を知るとその便利さが分かるし、何より親近感を持てるようになるものだ*1

2021年3月28日日曜日

「負の性欲」でツイフェミの振る舞いは説明できないよ

歴史学者の舌禍事件の余波かTwitter発の概念「負の性欲」への言及が増えていたのだが、この用語を広めた白饅頭こと御田寺圭氏のエッセイ「「負の性欲」はなぜバズったのか? そのヤバすぎる「本当の意味」」に気になるところがあったので指摘したい。「負の性欲」でツイフェミの振る舞いは説明できない。

リベラリズムの倫理を批判し共同体主義を説く本『これからの「正義」の話をしよう』

先日、ネット論客の青識亜論氏が『これからの「正義」の話をしよう』に言及していた。NHKのテレビ番組「ハーバード白熱教室」で日本での知名度が上がった、ハーバード大学のサンデル教授の著作。書いてあることを我田引水してきて妙な誤解が広まらないか不安に思って、適時苦情を申し立てられるように中身をチェックしたついでに感想を記しておきたい。

2021年3月24日水曜日

徳倫理は専門家にお任せと言う意味でのエリート主義ではないよ

社会哲学者の稲葉振一郎氏が新著の宣伝で「権威主義はびこるダークな世界で、エリート主義な「徳倫理学」が流行る「意味と危うさ」」と言うエッセイを書いているのだが、徳倫理が専門家にお任せすればよいと言う意味でのエリート主義になっていて奇妙な話になっている。エリート主義と評されることがあっても、それは美徳を知るエリートでないと幸福になれないと言う意味で、職業的専門家依存主義ではないから。

2021年3月16日火曜日

旧日本軍の慰安所は未成年者を働かせていたので醜業条約違反と言う主張は無理がある

日本軍の慰安所に21歳未満の朝鮮人女子がいた事を理由に、婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約(以下、醜業条約)違反だったという主張をネット界隈で見かける事がある。醜業条約では通告した地域のみが条約の適用範囲で植民地と占領地は通告しなかったわけで適用外になりそうだが、日本軍が設営した慰安所には内地の法律が適用されるので条約に従わなければならなかったと言う主張なのだが、そのような法的解釈が出来るかは分からない。